静岡市国際交流協会のロゴ

11月の情報誌が発行されました

オレンジや黒や紫を基調とした10月のハロウィンムードから一転、11月に入ってからは、街中でも早い所では赤や緑や白を基調としたクリスマスの飾り付けが見られるようになりました。2019年も残り50日ほど…とは言え、静岡市国際交流協会としては、11月24日(日)に『第1回静岡わいわいワールドフェア』という一大イベントを控えているだけに、ココからがまさに正念場!残り2週間で、忙しくも充実した日々を送る事が出来れば、きっと2019年の終わりを迎える時には、達成感や充実感で満たされている…はずです。静岡という地に居ながら、様々な人や文化に触れ合える『第1回静岡わいわいワールドフェア』は、11月24日(日)の10時30分より、青葉シンボルロードやふしみやビルにて行われますので、是非お越しいただけたらと思います(詳しくは「こちら」の記事をご覧下さい)。

…という主催事業を宣伝もしつつ、11月号の情報誌『SAME』発行のお知らせです。11月号では、夏の終わりに韓国・水原市国際交流センターとの間で行われた青年交流事業に参加した、静岡市の大学生による報告記事を掲載しております。実際に現地へ足を運び、そこで見たり聞いたり感じてきたりした事、そこから学んで今後に生かしていきたい事etc.とても読み応えのある内容となっております。海外ともなると、そこへ行く機会はなかなか限られてしまいますが、上記のイベント同様、静岡に居ながら現地で得てきたモノを共有する事が出来ますので、是非ともご覧になってはいかがでしょうか(下の画像をクリックすると情報誌が開きます)。

SAME2019年11月号No.173また、英語・スペイン語・ポルトガル語・フィリピン語・中国語・ベトナム語の各言語でも発行しております。それぞれ下記のリンクよりご覧下さい。

それぞれの情報誌は、静岡市国際交流協会の静岡本部と清水支部にて、紙媒体でご用意しております。お気軽にお越し下さい。