静岡市国際交流協会のロゴ

3つの基本方針

3つの道しるべ

SAMEは、“静岡市と世界をつなぐコーディネーター』としての役割を果たすために、以下の3つの基本方針に沿って様々な取り組みを行なっております。

多文化共生社会の構築

イベント開催から生活相談まで、外国人と市民を繋ぐために、以下のような様々な取り組みを行なっております。

異文化コミュニケーション体験フェア

異文化コミュニケーション体験フェアのスタッフ集合写真

世界各国の文化や料理、踊りの紹介等、国際色豊かなイベントを毎年開催し、多様な国籍や背景、文化を持つ外国人と静岡市民との「交流の場」を提供しています。

相談事業

カウンセリングのイメージ写真

静岡市に在住する外国人に、外国語(英語・中国語・フィリピン語・ポルトガル語・スペイン語)に堪能な相談員が、生活相談や様々な情報提供を行います。

外国人住民のための日本語講座/日本語ボランティア支援・養成事業

日本語講座の様子

日常生活を営む上で必要な日本語を学習する『生活者としての外国人のための日本語講座』を開催しています。また、日本語学習をサポートする人材の育成や、日本語ボランティア団体の支援も行なっています。

情報発信事業

英字新聞とNEWSの文字

日本語情報誌「SAME」の発行

協会の事業内容、静岡市内で行われる国際交流等の事業についての情報を、会員や関係機関に広報しています。

外国語情報誌の発行

日本の諸制度や、日常の生活習慣に役立つ情報等について、5言語(英語・中国語・ポルトガル語・スペイン語・フィリピン語)で広報しています。

地域外交を支える取り組み

外国人人材の活躍の場を生み出す事で、地域に居ながら「世界」を感じられるキッカケを作ります。様々な交流事業や外国語講座を通し、お互いが理解し合えるようになる事を願い、以下の事業を行なっております。

姉妹都市交流事業

座禅体験の様子

アメリカの姉妹都市であるオマハ市・ストックトン市・シェルビービル市、フランスの姉妹都市であるカンヌ市と、青少年や訪問団の派遣や受け入れを行います。その他、諸外国訪問団の受け入れなども行なっています。

対日理解促進交流プログラム等事業

JENESYS2018の様子

日本や静岡市への理解を促進するため、対外発信力を有する海外の学生を招聘します。歴史、文化、産業、経済など、様々な分野の学習や意見交換を行います。

外国人人材・通訳ボランティア紹介事業/通訳・翻訳支援事業

セミナー講演会のイメージ写真

インバウンド対応や国際会議等、幅広い分野に外国人人材および通訳ボランティアを紹介しています。また、静岡市からの依頼に基づき、通訳や翻訳を支援しています。

外国語講座

子どもたちに外国語を教えている様子

実践英語講座・短期英会話講座

急速なグローバル化の進展の中、異文化理解やコミュニケーション能力を持つ人材育成のため、成人向け英会話講座を開催しています。

英語でカフェトーク

静岡市内のカフェ等を会場に、映画や本、旅行、日常生活等、様々なテーマで外国人ゲストと楽しく気軽に会話をします。

世界のことばと文化を学ぼう

海外から静岡市を訪れている外国人などを講師に迎え、各国のことばや文化、生活習慣等について学びます。

わくわくキッズ英語

小学生が歌やゲーム等の遊びを通して、英語に触れます。また、年に2回スポーツや施設見学などをしながら、英語を使った課外授業を行います。

地域経済の活性化を支える取り組み

国際交流を「地域経済の活性化と発展」という視点から考え、日本文化を肌で感じたり静岡ならではの体験をしたりするための取り組みを行なっております。

外国客船寄港時おもてなし事業

清水港に寄港する大型客船

世界遺産富士山を眺望できる清水港の魅力は、世界中に伝わっています。外国客船の清水港への寄港時に、日本文化の体験や静岡らしいおもてなしを楽しんでいただきます。

ホームステイコーディネート事業

ガラスの地球儀と家の模型

ホームステイは、日本の文化や生活を体験する良い機会です。海外からの訪問者や、教育旅行で訪れる学生・生徒に、ホームステイでの市民との交流をコーディネートします。

在日日本語学習者の交流事業

茶道体験をする外国人女性

日本に関心を持つ在外日本語学習者が、増えています。静岡市に滞在し、歴史や文化についての理解を深めてもらうと共に、市民との交流の機会を提供します。