多文化共生社会の推進

日本人も外国人も、地域で安心、安全に暮らすことができ、国籍や文化、言語の壁を越えて人と人がつながり、互いに助けあいながら暮らしていくことができる多文化共生社会(ソーシャル・インクルージョン)の構築が求められています。そのためには、誰もが多様性や人権を尊重し、協力し合うことが必要です。市民、団体、行政、大学、企業等との連携により各種事業を実施しています。

静岡わいわいワールドフェア

異文化コミュニケーション体験フェアのスタッフ集合写真

世界各国の文化や料理、踊りの紹介等、国際色豊かなイベントを毎年開催し、多様な国籍や背景、文化を持つ外国人と静岡市民との「交流の場」を提供しています。

相談事業

カウンセリングのイメージ写真

静岡市に在住する外国人に、外国語(英語・中国語・フィリピン語・ポルトガル語・スペイン語・ベトナム語・ネパール語)に堪能な相談員が、生活相談や様々な情報提供を行います。

外国人住民のための日本語講座/日本語ボランティア支援・養成事業

日本語講座の様子

日常生活を営む上で必要な日本語を学習する『生活者としての外国人のための日本語講座』を開催しています。また、日本語学習をサポートする人材の育成や、日本語ボランティア団体の支援も行なっています。

情報発信事業

英字新聞とNEWSの文字

日本語情報誌「SAME」の発行

協会の事業内容、静岡市内で行われる国際交流等の事業についての情報を、会員や関係機関に広報しています。

外国語情報誌の発行

日本の諸制度や、日常の生活習慣に役立つ情報等について、7言語(英語・中国語・ポルトガル語・スペイン語・フィリピン語・ベトナム語・ネパール語)で広報しています。